贈り物に最適なプリザーブドフラワー

贈り物に人気のある花にプリザーブドフラワーがあります。

プリザーブドフラワーとは、生花の水分をプリザーブド液に変えて特殊な染料を吸わせることで、生花のようなみずみずしさを保ちながら、長期間保存できるという加工された花です。
ドライフラワーは、花を乾燥させて保存するので壊れやすく、色あせてしまうのが特徴です。



その点、プリザーブドフラワーは、手間のかかる工程を経ていることで鮮やかで色あせがしにくい花といえます。

また、特殊な染料を吸わせることで加工するため、本来花として存在しないブルーなどの色を再現させることができます。

NAVERまとめの口コミ情報をまとめました。

豊富なカラーバリエーションを楽しめます。また、生花のようにすぐ枯れない上に、水やりの必要もありません。

保管している場所にもよりますが、上手に保存すれば1~2年ほど美しい状態を保つことができます。


高温多湿や直射日光が当たる場所、エアコンの風が直接当たる場所などを避けるとよいです。

特殊な加工をしているため、価格は生花より高くなる傾向がありますが、長期保存できることを考えるとお得な商品だといえます。

知って得するプリザーブドフラワーについて親身になってアドバイスいたします。

また、長く楽しめるプリザーブドフラワーは、結婚や誕生日、記念日などの贈り物や部屋やお店のインテリアとしても最適です。


生花のようにアレンジメント商品を提供するプリザーブドフラワー専門店も増え、ネット通販でも注文したり購入したりすることができます。

また、加工の仕方を学んだり、資格を取得できる教室もあります。